トコロ 野老 ところ 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 壱拾壱頁の参
壱拾壱頁へ戻る



wpe190.jpg (41989 バイト)

wpe191.jpg (37316 バイト)

wpe193.jpg (49600 バイト)

トコロ「野老」(ヤマノイモ科)
Dioscorea tokoro

 「ヤマノイモ」の葉は互生、それ以外の葉は対生に付くと言いますが・・・?
緊急連絡
 下記の文章に「ヤマノイモ」「カエデトコロ」「トコロ」の親戚と記載しましが、これ等の根を掘って食べてはイケマセン!
 確実に「ヤマノイモ」ならば良いのですが・・・。でも千華図鑑のタイトル通り、野草の「Do・素人」判断は何ニヨラズ危険です!

 口の中・舌・喉・食道・胃の中・その他が確実にタイヘンな事(トンデモナイ激痛)になります。
 チョットだけ(針の先程の分量)でもダメです!
 君子危うきに「絶対」近寄らず!です。

追伸:担ぎこまれた病院も「治療・処置」に困ります。
2006.07.18
 ウチワドコロ(コウモリドコロ)百六拾九の壱2006.07.09〜2006.09.24を参照ください。
 カエデトコロ百六頁の四2001.07.31参照下さい。
 ヤマノイモ「山芋」百六頁の参2001.07.31参照下さい。
 同じトコロ「野老」七拾四頁の弐2000.07.30を参照下さい。
 上を向いて立っているから雄花です。下向きならば雌花。
 でも参考書のヤマノイモ(ジネンジョ・自然薯)の写真と比べると葉と花の形が随分違うので悩んでいます。
1999.07.28金沢市近郊
現代いけばな花材事典(草月出版)より
 東京近郊、所沢は、古くは野老(ところ)沢。
 ヤマノイモの葉は対生、トコロの葉は互生。
 画像がドチラなのか、チェックが必要です。
 根茎は苦くて(苦いダケでは無い?)、現在は食用にしない。
 ところ「野老」
 ヤマノイモ科の多年性つる植物。葉は心臓形で互生。夏、葉のつけねに薄緑色の花が穂のように咲く。根茎は食用となる。また、ひげ根を老人のひげになぞらえて、正月に蓬莱物とする。エビを「海老」と書くのにならい、山に生ずるので「山老」と書くという。おにどころ。
大辞林・第五版(三省堂)より

万葉集の花植物  万葉集の花リスト
冬薯蕷葛
萬葉集總索引單語編 正宗敦夫編(白水社版)689頁

詠み人知らず
皇祖神之神宮人冬薯蕷葛彌常敷爾吾反将見
すめろぎの神の宮人(冬薯蕷葛)(トコロヅラ)いやとこ敷(シク)に吾(マタ)かへりみむ

   第三句は舊訓にサネカヅラ、六帖にマサキヅラとよめるを記傳巻二十九(第二・1726頁)に田中道麻呂の説を擧げてトコロヅラとよむべしといへり。トコシクニにかかれる枕辭なり。
萬葉集新考第三・巻7 井上通泰著(國民圖書)1261頁より