ヒトツバタゴ 一葉タゴ ひとつばたご
ナンジャモンジャノキ 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 百弐拾弐頁の参
百弐拾弐頁へ戻る



wpe4AF.jpg (68557 バイト)

wpe4B0.jpg (70566 バイト)

wpe4B1.jpg (62446 バイト)

wpe4B2.jpg (46810 バイト)

wpe4B4.jpg (33668 バイト)

ヒトツバタゴ・ナンジャモンジャノキ「一葉タゴ」(モクセイ科)
Chionanthus retusus

 一年後の同じヒトツバタゴ百参拾七頁の六2003.05.11を参照ください。
 樹高8m。花径3cm。
 雌雄異株。

 鶴木別院の境内内。
 花の盛りに3日程遅く、ほとんどの花が散っている。
 環境省レッドリストに「自生地は長崎(対馬)・愛知・岐阜(木曽川流域)・長野」

 タゴは「タモノキ(トネリコ)」の事。
 親戚のアオダモは「コバノトネリコ(アオタゴ)」とも言われる。
2002.05.12石川県鶴来町