ノハナショウブ 野花菖蒲 のはなしょうぶ 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 百弐拾七頁の壱
百弐拾七頁へ戻る



wpe4F4.jpg (37824 バイト)
wpe4F5.jpg (82668 バイト)
黄色の花はキリンソウ
wpe4F7.jpg (53673 バイト)
wpe4F6.jpg (55688 バイト)
wpe4F9.jpg (53311 バイト)
wpe4F8.jpg (49617 バイト)
wpe4F4.jpg (26540 バイト)
2002.06.20加賀市海岸


2005.06.19加賀市海岸

ノハナショウブ「野花菖蒲」(アヤメ科)多年草
Iris ensata var.spontanea

 ノハナショウブ野生種のヒワダヨンエイ「日和田四英」百弐拾七頁の参2002.06.19を参照ください。
 シロバナノハナショウブ百弐拾七頁の弐2002.06.19を参照ください。
 混乱されるかも知れません。
 恐れ入りますが
アヤメ1999.05.20
ハナショウブ2000.04.20
カキツバタ2000.03.25
ショウブ2002.06.09
を夫々参照ください。
 草高1m。花径10cm。松林の中の野生種、自生地。
 花弁の黄色が特徴の一つ。
2002.06.20加賀市海岸

万葉集の花植物  万葉集の花リスト
花勝見
萬葉集總索引單語編 正宗敦夫編(白水社版)972頁

中臣女郎
中臣女郎贈大伴宿禰家持歌五首
娘子部四咲澤二生流花勝見都毛不知戀裳摺可聞
をみなべしさき澤におふる花がつみかつても知らぬ戀もするかも

 花勝見は
野生の花菖蒲にて日光にては赤沼アヤメといふ。
 あやめより小さく五六月頃に花咲くものにて花の色は紫赤にて今も或地方にては花ガツミといふとぞ。

 カツミは菰にて花カツミと同物にはあらず。又花勝見の花は三瓣にて四瓣にあらず。
萬葉集新考第二・巻4 井上通泰著(國民圖書)759頁より