タカトウダイ 高灯台 たかとうだい 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 百四拾壱頁の弐

百四拾壱頁へ戻る




全部、草汁
発癌、皮膚炎(カブレ)、嘔吐、腹痛、下痢、痙攣

タカトウダイ「高灯台」(トウダイグサ科)
Euphorbia pekinensis

 仲間のハクサンタイゲキ弐百壱頁の弐2011.07.03を参照ください。
 草高70cm。スキー場の草ッ原。

 「タカトウダイ」の意味は、背の高い「蝋燭立・燭台」

 
毒草。
 誤って食べると腹をこわし、草汁に触れるとカブレたり水泡が出来たり。トウダイグサ科の植物を無闇に手折るとカブレます!
 と参考書に書いてあった。

2003.06.15岐阜県ひるがの