クマヤナギ 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人千華図鑑
百四拾弐頁の参
百四拾弐頁へ戻る



クマヤナギ「熊柳」(クロウメモドキ科)
Berchemia racemosa

 金沢のMNさんから、重ねて、ご親切なご教示をいただきました。
 
 クマヤナギとホナガクナヤナギはやっぱり難しいですね。私は富山、福井や新潟で見た範囲ではクマヤナギの方が多かったように思います。
 
 クマヤナギの方はつる性低木といっても実際には判りにくいです。
 平凡社の野生植物図鑑には「枝は鋭角にでて上向する」方がホナガクマヤナギ、「横枝は直角に広く開く」方がクマヤナギとされています。
 
 2003.08.12有難うございました。
 金沢のMNさんからご教示いただきました。

 ナナシのゴンベイ百四拾弐頁の参、拝見いたしました。
 おそらくクロウメモドキ科のクマヤナギではないかと思います。
 
 石川県植物誌の植物目録にはホナガクマヤナギ、クマヤナギ、オオクマヤナギの3種が記載されていますが、ホナガクマヤナギは花序が8cm内外とされていますが、それほど長くないように見受けられます。
 オオクマヤナギは葉が円頭、側脈は9〜13対ですから、鋭頭、側脈は7〜8対のクマヤナギの方ではないかと思います。
 
 2003.08.09有難うございました。
 樹高1m。花径5mm。
 葉縦長5cm。
 まことに小さな花です。

 2003.06.29金沢市近郊