ハマゴウ 浜栲・浜香・浜這・蔓荊 はまごう 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 壱拾七頁の
壱拾七頁へ戻る



wpe24F.jpg (80572 バイト)
wpe250.jpg (46089 バイト)
wpe251.jpg (55146 バイト)
wpe252.jpg (42657 バイト)
1999.08.28金沢市海岸

wpe2D6.jpg (58829 バイト)
wpe2CF.jpg (67343 バイト)
1999.10.10金沢市海岸


2003.09.21金沢市海岸


2010.11.06白山市海岸





2011.09.24金沢市海岸


2016.12.02金沢市海岸

ハマゴウ「浜栲・浜香・浜這・蔓荊」(クマツヅラ科)落葉低木
Vitex rotundifolia

 南太平洋・オ−ストラリア・東南アジアの海岸の砂地に自生。

 実を乾燥すると漢方薬:マンケイシ「蔓荊子」。
 強壮・頭痛・感冒用。
 灰汁は染料。

2000.03.29
樹木ガイドブック(永岡書店)より
学研版学習科学図鑑・花(学習研究社)より
 砂浜に這う地上と地下茎で一大勢力を展開。
 草丈は人の脛丈位。

 ナカナカの拡大、膨張志向。

1999.08.28金沢市海岸

つづら「葛」・つる草の総称

古語辞典・改定新版」旺文社より

万葉集の花植物  万葉集の花リスト
波麻都豆夜
萬葉集總索引單語編 正宗敦夫編(白水社版)978頁

東歌
駿河能宇美於思敞爾於布流波麻都豆夜伊麻思乎多能美波播爾多我比奴
駿河のうみおしべにおふるはまつづ夜(ラ)いましをたのみははにたがひぬ

萬葉集新考第五・巻14 井上通泰著(國民圖書)2973頁より

 波麻都豆夜(はまつづら)がハマゴウで有るとは、何処にも書いてありません。