ツルマメ 蔓豆 つるまめ 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 百七拾壱頁の七
百七拾壱頁へ戻る




ツルマメ「蔓豆」(マメ科)
Glycin soja

 このツルマメをヤブマメと混同して掲載していました。
 間違いに気が付きましたので訂正して、新たに、このページを掲示しました。

 これも間違えていた、ヌスビトハギ百四拾九の弐2003.09.08を参照ください。

 農道脇。
 草高1m程。穂長12cm。

 大豆の原種。

 そこで、学名に関連している、soja. soybean. soy sauce.の和訳を、英和辞書で参照ください。

2006.09.02富山県氷見

万葉集の花植物  万葉集の花リスト
麻米
萬葉集總索引單語編 正宗敦夫編(白水社版)1081頁

防人(丈部ノ鳥)
美知乃倍乃宇萬良能宇禮爾波保
麻米乃可良麻流伎美乎波可禮加由加牟
 右一首天羽(アマハ)郡ノ上丁丈部ノ鳥

みちのへのうまらのうれにはほまめのからまるきみを波可禮かゆかむ

 ウマラはウバラなり。ハホはハフの訛なり。豆は何の豆にてもあるべし。上三句はカラマルにかゝれる序なり。カラマルはマツハルルなり○ハカレを宣長は
 ハカレはワカレなり。ハシル、ワシル、ハツカ、ワヅカなど
 波と和と通ふ例あり
といへり。或は波可禮は波奈禮の誤字にてもあるべし○女に對して君といへるなり
萬葉集新考第七・巻20 井上通泰著(國民圖書)4039頁より