セイヨウノコギリソウ 西洋鋸草 せいようのこぎりそう  金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 百九拾頁の壱
百九拾頁へ戻る





セイヨウノコギリソウ「西洋鋸草」(キク科)
Achillea millefolium

 解毒・打ち身の薬用、又はサラダとして食用にされた。
 明治期に日本へ入り、野性化。

現代いけばな花材事典 草月出版より
 花径5mm。草高30cm。

 特徴のある「ノコギリ様の葉」(網目模様?)
 園芸種が逃げ出したモノ。
 花の色は、外にピンク、黄

 多分セイヨウノコギリソウの九頁の四2000.06.11と五拾参頁の四2000.06.11を参照下さい。

2009.07.18金沢市郊外