フキ 蕗 ふき 金沢から日帰りの距離に咲く花
フキノトウ 蕗薹・蕗頭・蕗塔 ふきのとう

Do・素人の 弐拾四頁の参
弐拾四頁へ戻る



wpe6EC.jpg (65066 バイト)
wpe6EA.jpg (69914 バイト)
2000.03.20金沢市郊外

wpe6E9.jpg (60785 バイト)
wpe6CA.jpg (90848 バイト)
wpe422.jpg (43994 バイト)
2003.04.27富山県利賀村

wpe19C.jpg (93962 バイト)
2001.04.22石川県珠洲


フキノトウに発癌性物質があるそうですが・・・!
今更そう言われてもネェー・・・!
熱湯で灰汁を良く抜く事。

肝機能障害、肝癌

フキ「蕗」(キク科)
Petasites japonicas

 フキの花芽、フキノトウ。
 雄株の花の色は黄色、雌株は白色。

 日当たりが良ければ、金沢でも1月始めに雪の間から顔を出す。

2000.03.20金沢市郊外

万葉集の花植物  万葉集の花リスト
九久多知
萬葉集總索引單語編 正宗敦夫編(白水社版)310頁

東歌
可美都氣野左野乃九久多知乎里波夜志安禮波麻多牟恵許登之許受登母
かみつけ野さ野のくくだちをりはやしあれはまたむゑことしこずとも

 サヌは小野にてここにては野の名なり。上野國群馬(クルマ)郡下賛郷とある賛 中略 又佐野にて今の高崎市の附近なり。九久多知は茎立。野菜の茎なり。ヲリハヤシのハヤシは調製することにてここにては鹽漬にすることならむ。以下略
萬葉集新考第五・巻14 井上通泰著(國民圖書)3018頁より

 下の広辞林に「茎立」とあります。
 多分、クキタチからククダチが来たのだと思います
。逆か?


 ナノハナに塩漬はありますが、フキノトウではアマリ聞きません。
 この東歌の解説には、ヲリハヤシのハヤシは塩漬けにする事とされています。となれば、ククダチはナノハナに分がありそうです・・・?
 蕗味噌ならば・・・?

広辞林(三省堂)より
「薹」17画:菜・フキなどの花軸。茎立。
「薹が立つ」:1薹が伸びる。2盛りを過ぎる。時期が過ぎる。

 質問
 人間(特に女性?)の「トウが立った・・・」の「トウ」は、ここから来ているのか。
 ヤッパリそうだった。

2000.03.25