キンポウゲ 金鳳華  きんぽうげ
ウマノアシガタ 馬足型 うまのあしがた 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 参拾七頁の四
参拾七頁へ戻る



wpe817.jpg (82755 バイト)
wpe813.jpg (41441 バイト)
2000.05.04福井県永平寺


2005.04.24金沢市近郊


2005.05.15金沢市近郊


2007.05.05石川県鶴来


全部、茎汁
下痢、嘔吐、胃腸炎、麻痺、幻覚、知覚麻痺、呼吸困難、痙攣
皮膚炎→汁が皮膚に付くと引赤、発疱して水腫

キンポウゲ「金鳳華」(キンポウゲ科)
ウマノアシガタ「馬足型」
Ranunculus japonicus

 トゲミキンポウゲ「棘実金鳳花」・トゲミノキツネノボタン「棘実狐牡丹」百九拾六頁の壱2010.05.08を参照ください。
 ウマノアシガタの八重を特にキンポウゲと呼ぶこともある。
 九頁の拾のキツネノボタン(キンポウゲ科)と同様に、花弁が金属光沢の金色にヒカルのは、光を反射する澱粉を含む細胞層が、花弁表層の直ぐ下にあるため。
2000.05.04福井県永平寺
現代いけばな花材事典(草月出版)より
野草ハンドブック・1・春の花(山と渓谷社)より