トベラ 扉・海桐花 とべら 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 四頁の壱拾六
四頁へ戻る



wpe112.jpg (46389 バイト)
wpe115.jpg (49541 バイト)
wpe116.jpg (52762 バイト)
1999.06.05 金沢市海岸


2003.10.26 金沢市海岸


2004.01.05 金沢市海岸
右側二枚の写真に、カラメトラレタ犠牲者が・・・


2010.11.21 金沢市海岸

トベラ「扉・海桐花」(トベラ科)
Pittosporum tobira

 雌雄異株。

 トベラの葉や木の茎、根には悪臭があり、特に焼いた時の臭いがヒドイ。
 これを節分の夜に扉に挿して悪臭で邪気を払う。
 後にヒイラギに代わる。

 とすれば除夜か節分の夜か・・・?(ハタマタ、クリスマス?)

2000.06.02
植物和名の語源 深津正著(八坂書房)より

 日本の自生種は海岸近くに生える。
 トベラの名は、除夜にその枝を疫鬼を防ぐために扉に挿したことから来ている。
2000.03.27
 上掲画像の一枚目に写っている蜜蜂は一匹だけでなく、沢山の数の蜜蜂団体様ご一行。
 別名:トビラノキ

1999.06.05金沢市海岸