タヌキラン 狸蘭 たぬきらん 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 四拾頁の五
四拾頁へ戻る



wpe84D.jpg (89141 バイト)
wpe84E.jpg (69096 バイト)
wpe84F.jpg (56481 バイト)
wpe850.jpg (50238 バイト)
wpe851.jpg (48497 バイト)

タヌキラン「狸蘭」(カヤツリグサ科)
Carex doenitzii

スゲSP.

 教えていただきました。判明しました。
 東京都稲城市のTaさんからです。

 四拾頁の五・・・タヌキラン(スゲ属)ではないでしょうか。新潟、秋田で見たことがあります。
 コタヌキランの可能性もありますが、花期から見てタヌキでよいと思います。

 有り難うございました。
2002.08.29

 ご教示いただきました。
 大阪のTSさんからです。

40-5 イヌムギ → スゲsp.
 イネの仲間は、雄花と雌花が分かれてつくことはありません。これはスゲの仲間の特徴です。スゲの仲間は同定が難しいので、具体的な名前が分かりません。

 有り難うございました。
2002.07.12

 明治の初期に渡来。
 小穂がいちじるしく平らべったいのが特徴
 これをイヌムギとしたのは間違いでした。
2000.07.19
2000.05.07金沢市近郊