スイカズラ 吸葛 すいかずら 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 五拾頁の壱
五拾頁へ戻る



wpe8D8.jpg (79736 バイト)

wpe8DC.jpg (50901 バイト)

wpe8E1.jpg (43415 バイト)

wpe8E2.jpg (49064 バイト)

スイカズラ「吸葛」(スイカズラ科)蔓性半常緑低木
Lonicera japonica 原産地:日本

 山の薮に咲いた五拾壱頁の四を参照下さい。
2000.06.03
 別名:ニンドウ「忍冬」は、中国名を音読みしたもの。
 葉を乾燥したものを「忍冬茶」、花を酒に入れると「忍冬酒」で、薬用。
 花が白色から黄色に変化するので、別名:キンギンカ「金銀花」とも呼ぶが、キンギンボク・ヒョウタンボク「金銀木・瓢箪木」とは違う。
 我家の玄関に咲いたもの。
 山で自然に咲いた花を撮影するまで代りに掲載。
 甘いよい香り。
2000.06.02金沢市
樹木ガイドブック(永岡書店)より
現代いけばな花材事典(草月出版)より