ムシトリナデシコ 虫取撫子 むしとりなでしこ 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 五拾八頁の五
五拾八頁へ戻る



wpe9A2.jpg (89659 バイト)
wpe9A3.jpg (55681 バイト)
wpe9A4.jpg (57456 バイト)
wpe9A5.jpg (54089 バイト)
2000.06.24石川県内灘海岸


2006.06.18金沢市海岸

ムシトリナデシコ「虫取撫子・虫捕撫子」(ナデシコ科)
Silene ameria 原産地:ヨーロッパ
 
「浜撫子」(ナデシコ科)???
Dianthus japonicus
ではありません。

 名前は「虫取り・虫捕り(ムシトリ)」だが、実際に「虫」は捕ラナイ。
 茎の上部の一部が少し粘ると言えば、ネバルような感じ。
 江戸時代に日本へ上陸したラシイ。

 本日、東京TN様のご教示をいただきました。有り難うございました。
2000.06.22
 一年前の富山県黒部海岸の七頁の六と同じ物。
 砂丘地。

 面白い事を発見。
 下記の手持ちの参考書3冊に載っているハマナデシコの花の写真が、夫々違う。
 花弁に切れ込みがあったり、丸くて切れ込みが無かったり、捻じれていたり、花弁の幅が広かったり。

 素人にとって大変に困る。
 ヤッパリ ヨクワカラン。

 3冊とも、葉の様子は一緒。
 ただし参考書の葉の形は、この頁の葉の形とは違う・・・?

2000.06.24石川県内灘海岸
学研版学習科学図鑑・花(学習研究社)より
現代いけばな花材事典(草月出版)より
野草ハンドブック・2・夏の花(山と渓谷社)より