ヤブムラサキ 藪紫 やぶむらさき 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 五拾九頁の壱
五拾九頁へ戻る



wpe987.jpg (83951 バイト)
wpe988.jpg (43727 バイト)
wpe989.jpg (44316 バイト)

ヤブムラサキ「藪紫」(クマツヅラ科)落葉低木
Callicarpa mollis 原産地:日本

 葉が小さく、花が上を向いて咲いている、多分園芸種と思われるコムラサキシキブ六拾弐頁の弐2000.07.13を参照下さい。
 葉が一番大きく、花が上を向いて咲いているムラサキシキブ九頁の拾壱2000.06.30を参照下さい。
 花が葉の下に、下向きで咲いている。
 毛深い筈だが・・・?

 樹高2m。花径4mm位。
 山の薮のふち。

 生花に良く用いるのは、別種のコムラサキの紫色の実の付いた物。
 コムラサキの園芸種に実の白い「シロシキブ」がある。
2000.06.24石川県富来
樹木ガイドブック(永岡書店)より
現代いけばな花材事典(草月出版)より
学研版学習科学図鑑・花(学習研究社)より