コムラサキシキブ 小紫式部 こむらさきしきぶ 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 六拾弐頁の弐
六拾弐頁へ戻る



wpeA21.jpg (58509 バイト)
wpeA22.jpg (52862 バイト)
wpeA23.jpg (46093 バイト)
2000.07.13石川県小松(公園)

wpe3A9.jpg (63897 バイト)
wpe3AA.jpg (41455 バイト)
2001.09.26石川県加賀市
「コムラサキ」の園芸種の「シロシキブ」

コムラサキシキブ「小紫式部」(クマツズラ科)落葉低木
Callicarpa dictotoma

シロシキブ「白式部」(クマツズラ科)落葉低木
Callicarpa japonica f. albibacca

 両種共、公園内の園芸種。

 ムラサキシキブとの違いの一つ。
ムラサキシキブの葉の鋸歯は、全縁。
コムラサキシキブの葉の鋸歯は、葉先半分。

 葉が大きく、花が上を向いて咲いているムラサキシキブ九頁の拾壱2000.06.30を参照ください。

 葉が大きく、花が下を向いて咲いている野生のヤブムラサキ五拾九頁の壱2000.06.24を参照下さい。

2000.07.13石川県小松(公園)
樹木ガイドブック(永岡書店)より
学研版学習科学図鑑・花(学習研究社)より