ウラジロナナカマド 裏白七竈 うらじろななかまど 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 六拾七頁の参
六拾七頁へ戻る



wpeA70.jpg (68753 バイト)
wpeA71.jpg (45302 バイト)
wpeA72.jpg (47955 バイト)


ウラジロナナカマド「裏白七竈」(バラ科)落葉低木
Sorbus matumurana

 20121119付、北陸中日新聞 霊峰三山「富士山、白山、立山」背くらべ(金栄健介氏)に、タカネナナカマドとウラジロナナカマドの比較が、図入りで掲載されています。

○タカネナナカマド
 花:下向きに咲き、紅色が入り、半開き
 葉:先が尖り、葉の縁には全体に鋭鋸歯
 実:下向き

○ウラジロナナカマド
 花:白色、上向きに平らに開く
 葉:葉裏が白い、葉の縁の上半分に鋸歯
 実:上向き
 紅葉はウラジロナナカマドが見事。

 タカネナナカマド七拾壱頁の壱を参照下さい。
2000.07.26石川県白山


 平地産のナナカマド壱拾壱頁の弐と、 高地産の同じウラジロナナカマド壱拾弐頁の壱拾弐1999.08.08と百四拾五頁の弐2003.08.03を参照下さい。

 樹高1m。花径5mm。標高2000m付近のガレ場。
 葉が薄く、鋸歯が葉の上部半分なので、ウラジロナナカマドにしたが、葉の裏のドコが白いのか?
2000.07.22岐阜県乗鞍
野草ハンドブック・8・高山植物より