ミヤママタタビ 深山木天蓼 みやままたたび 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 六拾九頁の五
六拾九頁へ戻る



wpeA9B.jpg (72834 バイト)
wpeA9C.jpg (65164 バイト)
wpeA9D.jpg (40619 バイト)
wpeA9E.jpg (48956 バイト)
2000.07.26 石川県白山


2003.08.03 同木



2012.07.29 石川県白山 実

ミヤママタタビ「深山木天蓼」(マタタビ科)蔓性
Actinidia kolomikta

マタタビ「木天蓼」(マタタビ科)蔓性
Actinidia polygama
 は間違い。

葉の形と赤い色付きから、ミヤママタタビActinidia kolomikta

バイカウツギ「梅花空木」(ユキノシタ科)落葉低木
Philadelphus satsumiは間違いです。

バイカウツギ百四拾壱頁の五2003.06.29を参照ください。

 2003.08.03同じ現場で、同じ木の葉を確認。
 葉の色のピンクを確認したので、3年振りに「ミヤママタタビ」と決定!(花は見当たらなかった)

 マタタビ百弐拾九頁の壱2002.07.07を参照ください。

 マタタビ五拾七頁の五2000.06.24を参照ください。

 良く似ているサルナシ百頁の弐2001.07.08百四拾壱頁の四2003.06.24を参照ください。

 樹高3m。花径3〜4cm。
 標高1800m付近。

 ミヤママタタビを猫は好まないと言われる。

 枝が細く、アチコチ分岐しているので、蔓性か・・・。
 「マタタビ」はマサシク蔓性です。

 バイカウツギの命名に自信がない。葉の形が違う。
 
バイカウツギは間違いです。

2000.07.26石川県白山
野草ハンドブック・8・高山植物より