エゾアジサイ 蝦夷紫陽花 えぞあじさい 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 七拾六頁の壱
七拾六頁へ戻る



wpeAF5.jpg (67670 バイト)
wpeAF7.jpg (68098 バイト)
wpeAF8.jpg (61997 バイト)


口にする人は滅多にいないと思いますが・・・
蕾、葉、根
嘔吐、痙攣、昏睡、呼吸麻痺

エゾアジサイ「蝦夷紫陽花」(ユキノシタ科)落葉低木
Hydrangea macrophylla var.megacarpa

2008.06.15新聞各紙とTVニュースより
 茨城県つくば市の料理店で13日、アジサイの葉を食べた客が食中毒
 食事の直後に客が嘔吐(おうと)、吐き気、めまい。
 食中毒を引き起こしたのは、店舗の裏庭のアジサイの葉を料理の飾りにしたものを、客が食べたタメ。
 料理店はアジサイに毒性があるとは知らなかった。

 アジサイの葉は青酸配糖体を含み、胃液などと反応すると毒性のある青酸が生成される。

 装飾花が5枚のヤマアジサイ?・エゾアジサイ?百五拾頁の五2003.09.23を参照ください。
 実際のところ、葉が小さくて細い、というヤマアジサイ六拾頁の壱との区別がつかない。

 花の隣の工事事務所のドナタかが「エゾアジサイ」と名札を立ててあったので「エゾアジサイ」。

 樹高1m。花塊径10cm位。
2000.08.06金沢市近郊
樹木ガイドブック(永岡書店)より