ネムノキ 合歓木 ねむのき 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 八頁の参
八頁へ戻る



wpe149.jpg (74184 バイト)
wpe14A.jpg (70323 バイト)
wpe15B.jpg (69046 バイト)
wpe15C.jpg (69546 バイト)
wpe165.jpg (64433 バイト)
1999.07.11金沢市近郊


2009.10.31金沢市郊外

ネムノキ「合歓木」(マメ科)
Albizzia julibrissin

 落葉高木。本州・沖縄・中国・朝鮮半島・南アジアに分布。
 葉は夜に睡眠運動を起こす。
2000.03.28
 ネムノキノハナ(合歓の木の花)・・・?
 ネム・・・?
 ネムノハナ・・・?

 我家のお墓の隣り。
 金沢は8月の旧盆では無く、7月の新歴盆。
 墓掃除のついでに撮影。
1999.07.11金沢市

万葉集の花植物  万葉集の花リスト
合歡木・合歡木花・合歡花
萬葉集總索引單語編 正宗敦夫編(白水社版)852頁

紀女郎
紀女郎贈大伴宿禰家持歌二首
戯奴之為吾手母須麻爾春野爾抜流茅花曽御食而肥座
晝者咲夜者戀宿合歡木花君耳将見哉和氣佐倍爾見代
右攀折合歓花并茅花贈也
晝はさきよるはこひぬるねぶのはな君(ワレ)のみ見めやわけさへに見よ

葉の両半の相合ふを男女の相寝るにたとへたるなり。さて男女の相寝るにたとへつべきは葉にして花にあらず。
萬葉集新考第三・巻8 井上通泰著(國民圖書)1516頁より

 寄り添うのは花では無くて「葉」。