モモ 桃 もも 金沢から日帰りの距離に咲く花

Do・素人の 八拾九頁の参
八拾九頁へ戻る



wpe1B8.jpg (133641 バイト)

wpe1B9.jpg (100643 バイト)

wpe1BA.jpg (49471 バイト)

モモ「桃」(バラ科)
Prunus persica 原産地:中国

 園芸種のハナモモ「花桃」熊手紅。
 「果実」を目的とするミモモと「花」を目的とするハナモモ「花桃」に区別されます。菊桃・源平・枝垂等多数。
2001.04.21石川県鶴来
樹木公園
現代いけばな花材事典(草月出版)より
学研版学習科学図鑑・花(学習研究社)より

万葉集の花植物  万葉集の花リスト
毛桃
萬葉集總索引單語編 正宗敦夫編(白水社版)333頁

詠み人知らず
波之吉也思吾家乃毛桃本繁花耳開而不成在目八方
(はしきやし)吾家(ワガヘ)の毛桃(ケモモ)もと繁(シゲミ)花のみさきてならざらめやも

 ハシキヤシは親愛の意の准枕辭にて吾家にかかれり。後略
萬葉集新考第三・巻7 井上通泰著(國民圖書)1426頁より

万葉集の花植物  万葉集の花リスト
桃樹
桃花
萬葉集總索引單語編 正宗敦夫編(白水社版)1182頁

詠み人知らず
天平勝寳二年三月一日之暮眺矚春苑桃李花作歌二首
春苑紅爾保布桃花下照道爾出立wpe166.jpg (3253 バイト)
春の苑紅にほふ桃の花下照るみちにいでたつおとめ

 クレナヰニホフは紅ニニホフ、シタデルは下ニ照ルなり。後略
萬葉集新考第七・巻19 井上通泰著(國民圖書)3819頁より

 万葉集には、「桃」一字の単独で使われていない様子です。